結婚式のエピソード


2013年5月17日、こんにちは、青葉ブライダルスクールの嶋です。

 もうすぐジューンブライド(6月の花嫁)の季節がやってきますので、今日は結婚式のエピソードをひとつ紹介します。

 file00092243621

 
この話は、私が人前結婚式の司式者をやっていた時のエピソードです。

司式者「それでは、結婚指輪の交換へと進めさせていただきます」
              「まず、新郎から新婦の左手の薬指に指輪をお納めください」

 すると、新郎は緊張しているせいか、震える手で指輪を持ち、新婦の右手を持ったと思ったら、その右手の薬指に収めようとしました。

私がすぐ気づき、ちょっと注意を促すと、はっと気づいたように、やっと新婦の左手を持ち指輪を収めようとしました。

  ところがここで、予期せぬことが起こりました。新郎が右手の指に持っていた指輪が落ちたのです。コロコロと出席者の方に転がっていくではありませんか。

出席者がみんな気付き、「アッ」と声なき声を出し、指輪の転がりを新郎新婦、司式者、ご両親、出席者と全員で固唾をのんで見ていました。

そこはテラスで少し隙間のある板張りでできていたのです。もし、隙間に入って下に落ちたらアウトです。無情にも、コロコロ、コロコロとよく転がりました。

すると、やっと板と板の隙間に引っかかるようにして止まりました。

冷静な新婦がさっと動き、指輪を拾い上げました。

みんなから「ほーっ」と安堵のため息が漏れました。もし、隙間から下に落ちていたらどうなっていたでしょう。司式者として、背筋の寒くなるような思いでした。

 結婚式って、経験から言うと新郎の方が7割ぐらい緊張する方が多いんです。
それに比べ新婦は以外と冷静です。

これから結婚式を挙げる新郎のみなさん、指輪交換は、落ち着いてゆっくり行いましょうね。

~人の幸せ創りのお手伝いとその喜びを~

青葉ブライダルスクール

専属講師 嶋 博司

 

電話 045-511-7020 (本部事務局)

FAX  045-511-7036

HP http://konrei-terrace.com/

メール info@konrei-terrace.com

Twitter  http://twitter.com/aobabridal

Facebook  http://www.facebook.com/aobabridalschool