婚礼司会者


130208スクール用フォト
2014年2月4日(火曜日)立春、暦の上では春です。ここ2日間の暖かさから、自宅近くでは梅の花が咲きほころんでいました。そう思った束の間、今日の午後3時過ぎには、天気予報通りに雪が降ってきました。空から大きな牡丹雪が降ってきました。

  けれど、寒さも後1か月過ぎれば、春は弥生の月の3月になります。そして、春の婚礼シーズンがやってきます。3月に挙式を予定しているカップルは、春がとっても待ち遠しいでしょうね。

 さて、結婚披露宴で最も大切な演出が、司会者です。立て板に水のようだけど、事務的な司会者はさておき、一般的に披露宴の成功、不成功の半分以上は司会者で決まるといっても過言ではないと思います。

  良い司会者を選ぶヒントは、「ベテランだけど事務的ではなく、ハートのこもった司会者をお願いします」とはっきりとリクエストすることです。決してお任せはよくありません。司会者もピンキリです。

  挙式の2週間前の打ち合わせの時、遅刻する司会者は言外、人の話を笑顔で丁寧に聞く司会者だったら良いでしょう。

成功する結婚披露宴(お客様満足度の高い披露宴という意味)は、第一に料理、第2位が司会者の良しあしだと、長年の経験から思います。

 結婚を考えているカップルは、参考にしてくださいね。お幸せに。

青葉ブライダルスクール
講師 嶋 博司